スポンサードリンク

god fall  ザ・ゲームアワード2019

god fall
Game of The Yearは『SEKIRO』が受賞!『デス・ストランディング』はBest Game Directionに!

アメリカ・ロサンゼルスで12月13日に開催されたビデオゲームの表彰式典イベント「The Game Awards 2019」(ザ・ゲームアワード2019)にて、フロム・ソフトウェアの『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』が年間最優秀ゲームに送られる「Game of the Year」(ゲーム・オブ・ザ・イヤー)を受賞しました。

その中で、プレイステーション5の ソフト とグラフィックも公開されました。

god fall アクションロールプレイングゲームで 場面は 古代のモンスターが キングギドラ風のボスキャラと戦うようです。

ハクスラ系のアクションゲームで 戦う程 強くなる キャラゲームの様です

攻撃メインですが 守備も必要になり アイテムの発掘を行う 最大3人で行う ゲームです。
god fall
god fall

モンスターハンター風のゲームの様です。

2020年ホリデーシーズン発売で カウンタープレイゲームズという 会社が 販売しているようです。

ザ・ゲームアワード2019  受賞作品

【各賞受賞タイトル】※発表順
【賞】Best Community Support

『Destiny 2』(デスティニー2)

【賞】Best Score & Music

『Death Stranding』(デス・ストランディング)

【賞】Best Esports Coach

Danny‘zonic’Sorensen(Team Liquid,、『Counter-Strike: Global Offensive』)

【賞】Best Esports Host

Eefje“sjokz”Depoortere

【賞】Best Esports Event

League of Legends World Championship 2019(『League of Legends』)

【賞】Best Esports Team

G2 Esports(『League of Legends』)

【賞】Best Fighting game

『大乱闘スマッシュブラザーズ Special』

【賞】Best Narrative

『Disco Elysium』

【賞】Best Esports Player

Kyle‘Bugha’Giersdorf(『FORTNITE』)

【賞】Best Audio Design

『Call of Duty: Modern Warfare』

【賞】Best Strategy Game

『ファイアーエムブレム風花雪月』

【賞】Content Creator of the Year

SHROUD

【賞】Best Art Direction

『CONTROL』(コントロール)

【賞】Best Action Game

『デビル メイ クライ 5』

【賞】Game of Impact

『GRIS』(グリス)

【賞】Best Mobile Game

『Call of Duty: Mobile』(コールオブデューティ:モバイル)

【賞】Best Sports/Racing Game

『クラッシュ・バンディクーレーシング ブッとびニトロ!』(Crash Team Racing Nitro-Fueled)

【賞】Best Family Game

『ルイージマンション3』

【賞】Best Multiplayer Game

『Apex Legends』(エイペックス・レジェンド)

【賞】Best Ongoing Game

『FORTNITE』(フォートナイト)

【賞】Best VR/AR Game

『Beat Saber』

【賞】Esports Game of the Year

『League of Legends』(リーグ・オブ・レジェンド)

【賞】Best Performance

マッツ・ミケルセン(クリフ、『Death Stranding』)

【賞】Best Independent Game

『Disco Elysium』

【賞】Best Fresh Indie Developer

ZA/UM(『Disco Elysium』)

【賞】Best Game Direction

『Death Stranding』(デス・ストランディング)

【賞】Best Action/Adventure Game

『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』

【大賞】Game of the Year(GOTY)
『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』

最優秀作品であるGOTY 「SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE」


「The Game Awards 2019」にて2019年の最優秀作品であるGOTYにプレイステーション 4/Xbox One/PC用アクション「SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE」を選出した。

本作は2019年3月22日に発売されました。和をモチーフとした作品で、非常に難易度が高く“死にゲー”でもある作品で

プレーヤーは忍である「狼」となり本作の世界を駆け回ります。

FROMSOFTWAREが制作するタイトルの中でもトップレベルの難しさを誇る作品です。

受賞を受けて、本作を手掛けた宮崎英高氏は

「素晴らしい賞をいただけて嬉しく、すごく興奮している。一緒に制作に携わったスタッフや、サポートをしてくれたアクティビジョンのスタッフとともに喜びを分かち合いたい。プレイしてくれた多くのユーザーに感謝している。また面白いゲームを作るつもりなので期待していてください。」

とコメントした。

宮崎英高氏 経歴

慶応大卒業

2004年 外資系IT企業から 転職。

フロム・ソフトウェァにプランナーとして入社。

手がけた作品 (アーマードコアシリーズ) プランナー ディレクターを務める。

特に2009年にディレクターをした  『Demon’s Souls』  では新規タイトルにも関わらず
全世界で128万本(国内30万本)のスマッシュヒットとなり 海外で高い評価を受けた。

『DARK SOULS II』では、 スーパーバイザー として参加し その後、フロム・ソフトウェアの執行役員、製作第一部長を経て 2014年5月 代表取締役社長に就任している。

宮崎英高氏 の受賞(生涯功労賞)

2018年 Golden Joystick Awards 2018にて

Lifetime Achievement Award(生涯功労賞)

を受賞し、小島秀夫、岩田聡と並ぶゲームクリエイターの 一人者。

手がけた作品

1 アーマード・コア ラストレイヴン(2005年8月4日、フロム・ソフトウェア、PS2、PSP)、プランナー

2 アーマード・コア4(2006年12月21日(PS3)、2007年3月22日(Xbox 360)、フロム・ソフトウェア、PS3、Xbox 360)、ディレクター(開発途中から)

3 アーマード・コア フォーアンサー(2008年3月9日、フロム・ソフトウェア、PS3、Xbox 360)、ディレクター

4 Demon’s Souls(2009年2月5日、ソニー・コンピュータエンタテインメント、PS3)、ディレクター

5 DARK SOULS(2011年9月22日、フロム・ソフトウェア、PS3、Xbox 360、Windows)、ディレクター兼プロデューサー

6 DARK SOULS II(2014年3月13日、フロム・ソフトウェア、PS3、Xbox 360、PS4、Xbox One、Windows)、スーパーバイザー

7 Bloodborne(2015年3月24日、ソニー・コンピュータエンタテインメント、PS4)、ディレクター

8 DARK SOULS III(2016年3月24日、フロム・ソフトウェア、PS4、Xbox One、Windows)、ディレクター

9 Déraciné(2018年11月8日、ソニー・インタラクティブエンタテインメント、PSVR)、ディレクター

10 SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(2019年、アクティビジョン、PS4、Xbox One、Windows)、ディレクター

関連記事:PlayStation52020年末販売へ
外部記事:ザ・ゲームアワード2019 公式

     

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク